ブログ

縁側は付けるべき?メリットとデメリットを徹底解説!
2019年8月16日
無垢材が人気なのはなぜ?メリットとデメリットを解説
2019年8月24日

集成材が人気?気になるメリットとデメリットを解説

 

現在、住宅を建てる際には、主に集成材という木材が使われています。

集成材とはそもそもなんなのか、どんなメリットがあるのか、あまり分からない方もいらっしゃるかと思います。

「集成材のメリット・デメリットって?」

「集成材って何?」

この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。

ぜひ参考にしてみてください。

 

集成材とは?

そもそも、集成材とはどんな材料のことを言うのでしょうか。

住宅に使われる木材には、大きく分けて「無垢材」と「集成材」の2種類があります。

無垢材とは、伐採した木をそのまま使う、天然の木材のことを指します。

それに対し、集成材とは、細かく切り分けた木材を接着剤で組み合わせた、人工の木材のことを指します。

集成材には、人工の木材に特有のメリット・デメリットがあります。

 

 

集成材のメリット

 

品質の差が少ない

集成材の優れている点の一つに、品質の安定性があります。

集成材では、加工する木材をきちんと選んでいるため、木材ごとに品質の差が少なく、大きさや色合いに統一感があります。

 

扱いが比較的簡単

品質が安定しているおかげで、木材を加工する職人さんにとっても、扱いやすい木材です。

また、無垢材と違い、大量に生産できるため、多くの業者に利用されています。

集成材は加工段階で、一度木材をきちんと乾燥させるので、湿度の変化によって変形しにくい特徴もあります。

したがって、壁やフローリングにすき間ができてしまうリスクも低いのです。

 

強度が高い

集成材を作るときには、強力な接着剤を使用します。

木材の強度も、無垢材に比べて集成材は約1.4倍優れていると言われています。

 

 

集成材のデメリット

 

有害物質を発生することも

集成材を作るときに使う接着剤には、シックハウス症候群と呼ばれる病気の原因になる、ホルムアルデヒドを発生するものもあります

しかし、安全基準が設けられているので、あまり神経質になる必要はありません。

 

湿度調整などの機能はない

無垢材には、湿気を吸収したり放出したりする性質があり、部屋の湿度を快適に保てます。

集成材にはこのような機能がないので、夏場の湿度の高い季節には、除湿器などの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

今回は、集成材のメリットとデメリットについて解説しました。

集成材について、理解を深めていただけたかと思います。

長所と短所をきちんと把握して、注文住宅に使う木材を選んでみてください。