ブログ

契約までの流れを解説します!
2019年7月31日
家族のコミュニケーションが増える注文住宅の間取りって?
2019年8月8日

気になる平屋の注文住宅を建てる時の注意点

 

平屋の注文住宅を建てることを検討されていませんか?

初めての注文住宅の購入で、失敗したくないと考えている方も多いでしょう。

そこで気になるのが、平屋を建てる際の注意点ですよね。

「平屋を建てるのに、気を付けておくべきことを知りたい。」

「2階建ての時とは違う注意点はあるの?」

この記事は、このような悩みを解決できる内容となっております。

平屋を建てる時の4つの注意点を解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

プライバシーを確保する

平屋を建てる際に大切になるのが、プライバシーの確保です。

くつろぎの空間であるリビングを、周囲の目が届かないように2階に設置するという工夫が、平屋ではできません。

リビングが周囲から見えにくい配置にする間取りを考えたり、基礎を高く作ったりする工夫が必要です。

また、平屋はワンフロアしかないため、家族間のプライバシーの確保も必要です。

家族間でのプライバシーの確保をするために、壁などを多く配置する方法もありますが、風通しや採光が悪くなる恐れもあります。

 

費用が高くなりがち

一般的に、平屋を建てるためのコストは、2階建てを建てる場合より高くなると言われています。

同じ床面積の住宅を建てようとした場合、平屋の方が基礎部分や屋根の面積が広くなります。

住宅を建てるコストの多くを占めるのは、屋根と基礎工事の費用ですので、平屋にはコストが多くかかるのです。

妥協する点を考えるなど、コストを抑える工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

平屋は土地の環境を受けやすい

実は、平屋は建てる土地の環境に影響を受けやすいのです。

周りの住宅との距離が近い場合、風通しや日当たりが悪くなりやすいのです。

特に都市部に平屋を建てる場合は、風通し・日当たりがより一層悪くなりやすいので、注意しましょう。

 

防犯対策

平屋を建てる際は、防犯対策もしっかりと行うようにしましょう。

平屋は簡単に出入りできます。

つまり、外から侵入しやすい構造ということです。

防犯対策には、防犯カメラを設置する、周囲から死角となる場所を作らないよう塀の高さを工夫するなどの方法が考えられます。

また、ガラスを割れにくい防犯ガラスにするのも効果的です。

 

まとめ

今回は、平屋を建てる際に注意すべきポイントを解説しました。

暮らしやすさに大きなメリットがある平屋ですが、構造上、いくつか注意しなくてはならないことがあります。

平屋を建てる際は、プライバシーの確保、コスト、周囲の環境、防犯対策に気を配ってみてください。