ブログ

失敗しない予算の決め方とは?
2019年7月3日
子育てに適した間取りにするためのポイントとは?
2019年7月11日

断熱性とおすすめの断熱材について紹介します!

 

注文住宅の購入を検討されている方、「家のデザインよりも建物の性能にこだわりたい」という方は多いのではないでしょうか?

家は今後数十年かけて住み続けるものですので、より快適な生活を続けるためには外観などのデザインも重要ですが、それ以上に建物自体の性能も重要ですよね。

最近の注文住宅に関して、「断熱材」というワードを耳にする方も多いのではないでしょうか?

最近では、住宅の断熱性は建物の性能で非常に重視されるものです。

そこで今回は断熱性とおすすめの断熱材について紹介したいと思います。

 

より快適な生活を届ける断熱材について

断熱性について

そもそも、断熱性とは家の中の温度を一定に保つ性質です。

夏場は暑く、冬場は家の中が寒くなりますよね。

これは外気によって、家の中の温度が影響を受けているからです。

この影響を断熱性によって軽減させ、保温効果を高めることができるのです。

保温性が高まると、エアコンの効率も良くなり、光熱費を抑えることにも繋がります。

 

そして、この断熱性能を建物に備えるためには、「断熱材」が必要になります。

断熱材を壁や屋根、床などに使用することで、建物に断熱性が備わるのです。

ただし、断熱材にもそれぞれ種類があり、どの断熱材を使用するかで断熱性の高さに大きく影響するのです。

 

おすすめの断熱材

それでは最もおすすめの断熱材とは何なのでしょうか?

最も多く使用されており、おすすめの断熱材が、「グラスウール」と呼ばれるものです。

軽量かつ高い断熱性を持つことに加えて、安価であるというコストパフォーマンスの高さが特徴です。

湿気に弱いという欠点があるのですが、これは湿気対策を講じることによって解消でき、断熱性を高く発揮するのです。

グラスウールの他にも、吸湿性や防音性、防火性などの性能も発揮するセルロースファイバーや、発砲プラスチック系で安価なビーズ法ポリスチレンフォームや押出法ポリスチレンフォームなどがおすすめです。

 

施工精度も重要!

どの断熱材を選ぶかと同じくらい施工精度も重要になります。

どんな性能の良い断熱材を使用しても、業者の工事の質が低いと断熱性は高くなりません。

そのため、施工業者をどこにするのかも重要な要因になります。

依頼の前にはしっかりの業者の施工実績などを確認し、いくつかの業者を見て比較してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は、断熱性やおすすめの断熱材について紹介しました。

最近ではZEHと呼ばれる高性能住宅の建設も増えてきており、断熱性の需要も高くなってきております。

寒暖差によって引き起こされるヒートショックを防止することもできます。

より快適な生活を過ごすためにも、これから注文住宅の購入を検討している方はぜひ断熱性や断熱材の種類についても注目してみてはいかがでしょうか?