ブログ

年収から予算を計算!
2019年6月25日
失敗しない予算の決め方とは?
2019年7月3日

注文住宅を検討中の方に!頭金はいくら必要?

 

「新しく注文住宅を購入したいけど、頭金がいくら必要になるのかわからない」

という方も多いのではないでしょうか?

注文住宅の購入というと、住宅ローンを利用される方がほとんどですよね。

住宅ローンさえ借りれば、自己資金が今はゼロでも大丈夫と思っていませんか?

いくら貯金しておけば良いのかわからなくて困っているという方も多いかと思います。

今回は注文住宅を購入する際の頭金について詳しく紹介したいと思います。

 

注文住宅を購入する際の頭金はいくら必要?

そもそも頭金とは、注文住宅を購入する際に工事契約の段階で支払うことになる一定の金額のことを指します。

毎月決まった額の住宅ローンを返済するだけでなく、こうしたまとまったお金が必要になる場面もあるのです。

そのため、注文住宅を購入する際には、あらかじめ一定の金額の自己資金を蓄えておく必要があるのです。

 

頭金はいくらあれば大丈夫?

それでは頭金としていくら用意しておけば良いのでしょうか?

一般に頭金として必要になるのは、総費用の20%程度と言われています。

つまり、注文住宅の購入にかかる費用が3000万円であれば、頭金として600万円程度が必要になるのです。

結構な金額ですよね。

注文住宅を購入するためには、しっかりと貯金しておく必要がありそうですね。

 

頭金がないと注文住宅は購入できない?

結論から言いますと、頭金がゼロですと注文住宅を購入することは厳しい場合がほとんどです。

住宅ローンを利用する審査に通るためには、最低でも借入額の10%程度は持っておかなければいけません。

つまり、総費用が3000万円の場合には300万円以上は用意しておかないといけないのです。

「頭金ゼロでも借入可能」といった広告を見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、こうしたものには注意が必要です。

頭金がゼロということは、総費用から差し引かれる金額がゼロであるため、毎月返済する金額も高くなるのです。

これによって生活が圧迫され、支払いができなくなれば泣く泣く新居を手放さなければいけなくなるのです。

 

購入は急がず、しっかりと貯金ができてからが理想

早く新築に住みたいと思うかもしれませんが、焦りは禁物です。

しっかりと資金計画を立て、一定の貯金が貯まってからの購入をおすすめします。

新居の綺麗な家で生活ができても、支払いに追われていては心が落ち着かないですよね。

心のゆとりもあってはじめて快適な生活を送ることができます。

 

まとめ

今回は、注文住宅を購入する際にかかる頭金について紹介しました。

注文住宅の購入を考える際には、いつどれだけのお金が必要になるのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

「無理のない」返済ができるように綿密な資金計画を立てることをおすすめします。