ブログ

見積書の見方がわからない!確認するべき点って?
2019年2月19日
犬と一緒に住みたい♡3つの工夫!
2019年2月23日

必見!失敗しないキッチンのレイアウト選び!

 

「注文住宅を建てようと考えているけれど、どんなレイアウトにすればいいのかわからない。」

そんな悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。

特に、毎日家事で使うキッチンに関しては、見た目と使い勝手両方にこだわりたいがために、なかなかレイアウトが決められないものですよね。

そこで今回は、キッチンのレイアウトで失敗しないための考え方を、わかりやすくご紹介します。

 

キッチンのレイアウトで失敗しないために考慮すべきこととは?

キッチンのレイアウトを決める際には、実際に使った時のことを考えることが欠かせません。

特に、以下の2つを考慮することが非常に重要です。

 

*その1:「家事動線」

家事動線とは、家事をする時の人の動きを可視化した線のことです。

家事動線を考慮せずにレイアウトを決めると、家事をしながら長い距離を移動することになり、家事の効率が格段に低下してしまいます。

 

*その2:「収納スペース」

収納スペースが十分でないと、調理器具が出し入れしにくく不便なだけでなく、キッチン周りが散らかる原因にもなってしまいます。

使いやすいキッチンにするためには、十分な収納スペースを確保することが必要不可欠です。

 

キッチンのレイアウトにはそれぞれどんな特徴があるのか

ここでは、代表的な3タイプのキッチンのレイアウトを挙げ、それぞれの特徴をご紹介します。

 

*その1:「 I 型キッチン」

I型キッチンとは、シンクとコンロ、冷蔵庫を横一直線に並べたキッチンです。

コンパクトなスペースに設置しても圧迫感が少なく、ダイニングスペースが広くとれるほか、収納スペースも広く確保できます。

一方で、作業スペースを広く取りすぎると、家事動線が長くなってしまうという欠点もあります。

そのため、比較的コンパクトなキッチンに向いています。

 

*その2:「セパレート型キッチン」

セパレート型キッチンとは、シンクとコンロが別々のキッチン台に取り付けられており、それらが2列に並行に並んでいるキッチンのことです。

シンクとコンロが2つのキッチンカウンターに分かれていることにより、それぞれに十分な作業スペースと、それに伴う広い収納スペースを設けられることが大きなメリットです。

また、コンロとシンクの間には通路を挟んでいるだけであるため、家事動線は短いです。

しかし、大きなスペースをキッチンに費やしてしまうことになるため、部屋全体のバランスを考える必要があります。

 

*その3:「アイランドキッチン」

料理教室のようなアイランドキッチンに憧れる方は、多いのではないでしょうか。

キッチンだけが独立しているので、その広いスペースをみんなで好きなように使って作業することができます。

また、デザイン性が高いため、部屋全体をおしゃれな空間に変える力を持っています。

人目につきやすいため綺麗にしておかなければならない一方で、収納スペースがあまりとれないことが欠点として挙げられます。

 

まとめ

以上、キッチンのレイアウトで失敗しないための考え方についてご紹介しました。

満足のいくキッチンのレイアウトにするためには、ただ見た目のおしゃれさや憧れだけで決めるのではなく、実際に自分が使ったときのことを想像することが必要不可欠です。

注文住宅の建設をお考えの方は、キッチンのタイプごとの特徴を理解した上で、自分に合ったレイアウトをみつけてみてはいかがでしょうか。