太陽の光につつまれて暮らすゆとりの平屋

2021年11月4日   2021年11月9日

施工例かしこい「平屋」群馬県桐生市K様

K様のお宅は約33坪のゆとりの平屋。南面からの採光にこだわり、緑に囲まれた環境を楽しめるとても明るいお家になりました。子育て世代にぴったりの平屋。お子様が巣立って、ご夫婦2人になった時も安心な平屋はここ数年沢山選ばれています。
K様も将来のことも考えて、階段を使わない家事楽動線の暮らしをお選びになりました。

———- 建築データ ———-
◆ 建築面積 123.39㎡ 37坪
◆ 延床面積 109.72㎡ 33坪


リビングLDKの解放感にこだわり、杉板貼りの勾配天井と梁を見せるゆとりあるつくりに。


明るく開放的な空間で、家族時間を楽しめます。それぞれの趣味を楽しんだり、お子様のお昼寝や遊んでいる様子を見守りながら夫婦揃ってアイランドキッチンで広々と料理をしたり。アパートでは難しかった”ゆとりの暮らし”が実現できます。

そしてキッチンからテレビも見れるので、ご主人の趣味であるのDVD鑑賞中も奥様が料理をしながら一緒にチラ見できるかも…!?


キッチンから畳スペースまでは約4m。6人掛けのダイニングテーブル、更にお子様のイスを置いても余裕があります。


リビングの横の約3畳の小上がり和室も建具は設けずあくまでリビングの延長として広々空間に。
小上がりの位置はアイランドキッチンからも、リビングのソファから、ダイニングテーブルに座っている時でも見える位置にあるので、お子様のお昼寝場所や遊び場にぴったり。


LDKの南面には大きな窓が3つも。自然の風と光を沢山取り込みます。


シューズクロークも完備した広々玄関。玄関が散らかることなく靴や外遊びグッズ・ベビーカー・スポーツ用品などを収納できます。
暗くなりがちな玄関も南面側に大きな窓があることで自然の明かりを贅沢に取込みます。
玄関を入って一番最初に目に入るのはLIXILのエコカラット。オシャレに玄関の気になる匂いをカット。


玄関ポーチの柱は外壁の白に合わせて白に塗装。玄関引戸はLIXILのエルムーブL22型。白色にラスティックオークという色が映えてスタイリッシュな印象に。
大きな屋根が付いた玄関ポーチは見た目はもちろん機能性も備えています。外出・帰宅する際の傘の開閉の場所として、雨や雪・風などが家の中に入らないようにする、服などについた汚れを叩いて汚れが家の中に入らないようにする・直射日光を避けるといった様々な役割も持っています。


緑に囲まれた環境に映える真っ白な外壁に、部分的にダークな色味の木目柄外壁を選びアクセントを。

スーパーウォール工法

K様のお宅はスーパーウオール工法を使った次世代高性能住宅でもあります。
スーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱型のモノコック構造で、大きな力がかかっても変形しにくいのが特徴です。詳しくはモックの家・草処建設までお問い合わせください。

 0277-74-1682
お問い合わせはこちら