ブログ

平屋だからこそ挑戦して欲しい!土間のある暮らしとは?
2019年11月2日
平屋の注文住宅の費用相場はどれくらいが妥当なのか?
2019年11月10日

平屋の注文住宅でオススメのL字型の間取りとは?

 

「今時一階建ての広々としたお家を建てるのはどうなのだろう」

このように、平屋に対して疑問を抱いている方はいらっしゃいませんか?

二階部分がないからこそ、屋根に高さを出して開放感を演出したり、窓を広めにとって日の差し込むスペースを大きくしてリラックスできる環境を作り出せたりと、平屋だからこそできることはいっぱいあるのでおすすめですよ。

そのような平屋だからこそできる間取りにはどんなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、平屋をご検討のあなたにおすすめしたい「L字型の間取り」についてご紹介していきたいと思います。

 

 

おすすめしたい!L字の間取りのポイント

 

L字のメリットとは

 

L字型の平屋にすることで、お家にプライベートな空間とそうでない開放的な部分を作り出せます。

I字型でありがちな、一直線の開放的な空間を作る部分とそうでない部分ができるということです。

縦の方が長い場合は、そちらにキッチンやダイニングを配置し、寝室や家族だけのちょっとしたリビングスペースは横の部分に配置すると良いでしょう。

以下ではそんなL字型の間取りでおすすめしたいものをご紹介します。

 

間取りポイント1:中庭を作る

 

平屋で中庭を作るとなると「コの字型でないと難しいのでは?」とお思いになる方がいらっしゃるかもしれませんが、実はI字型だからこそ中庭をおすすめしたい理由があるのです。

それは、コの字型よりも中庭の面積を広くとれるからです。

全部が壁に囲まれていないからこそ、程よくプライベートに閉じられていながらも開放感あふれる空間を作り出せます。

家の中にいながらも外と一体感を感じられるのは良いですよね。

 

間取りポイント2:防犯対策はしっかりと

 

L字型だからこそ注意して欲しいのは、外との接触面が多くなるにも関わらずコの字型ほど閉じられていないため、防犯面に注意する必要があるということです。

先ほど中庭を作るときにもお伝えしましたが、完全にプライバシーの空間を作れるわけではないので、あまり開放的な空間を作ってしまうと不審者の侵入経路が多くなってしまうということは常に念頭に置いておきましょう。

その場合には、玄関部分に門を設けるなど、外構について住宅会社と前もって話をして対策をすると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、平屋の建設をお考えのあなたにぜひ知っていて欲しいL字型の間取りについてご紹介しました。

他の間取りについてももっと知りたいという方は当社の他の記事も確認してみてくださいね。

また、「具体的に相談したい!」という想いをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせくださいませ。