ブログ

【桐生市の方へ】補助金を利用しよう!注文住宅で利用できる補助金の種類をご紹介!
2019年10月5日
完成見学会2棟合同開催中!
2019年10月6日

【桐生市の方へ】注文住宅で利用できる減税制度の手続きについて解説!

 

「注文住宅を安く依頼する方法はないの?」

「注文住宅で利用できる補助金や減税制度について知りたい!」

 

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

減税制度を利用するには、さまざまな条件を満たし、それを国に申請しなければなりません。

しかし、その条件や手続きは複雑なことが多いです。

そこで今回は、注文住宅で利用できる減税制度の条件や手続きについてご紹介します。

 

 

注文住宅における減税の手続き

 

住宅ローン減税

住宅ローンを利用して、住宅を購入した時に使える減税制度です。

毎年払うローンの1%が所得税から控除されて手元に戻ってきます。

これが10年間継続されます。

例えば、ローンが2000万円の場合、その1%の20万円が所得税から帰ってきます。

翌年ローンが1900万円になった場合、19万円が帰ってきます。

このように毎年1%ずつ減税分が所得税から戻ってくるのです。

住宅ローン減税を受けるための条件は、工事完了6ヶ月以内の入居、床面積が50平方メートル、住宅ローンが10年以上、年収3000万円以下などが挙げられます。

 

贈与税の非課税措置

父母や祖父母から住宅を建てるために資金をもらった場合、一定金額までは贈与税が課税されません。

住宅取得契約の締結日、住宅の性能によってその金額は違います。

締結日が平成33年4月〜12月31日の間だと、約300万円〜800万円です。

消費税が10%になると約700〜1200万円が課税されなくなります。

贈与税を払わないでよい条件は、贈与時に贈与者の直系卑属であること、贈与を受けた年の合計所得金額が2000万円以下であること、贈与年の翌年3月15日までに、住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築等をすること、非課税の対象となる住宅の床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下などです。

 

投資型減税

まず注意しないといけないのが、この減税を受ける方は住宅ローンと併用できないということです。

また、この減税の対象となる方は、長期優良住宅、低酸素住宅を取得した人です。

つまり、家の性能を強くするために、多く払った分の費用の10%が控除されるのです。

例えば、性能強化に600万円かかった場合、その10%の60万円が控除されます。

この控除限度額は65万円ですので、これ以上の分は控除されません。

控除を受けるための主な要件は、合計所得金額が3000万円以下であること、住宅の床面積が50平方メートル以上、などが挙げられます。

この減税制度は減税の受けるための条件が細かいので、詳しくは税務署で確認しましょう。

 

不動産取得税の軽減

不動産所得税とは土地や家屋を取得した時に課税される税です。

一定の条件を満たす住宅の場合、最大で39万円の税金控除を受けられます。

また都道府県によって申請の受付期間が異なります。

もし不動産取得税の軽減を受けたい場合は、一度確認しておきましょう。

 

 

注意点

 

これらの減税制度には申請期間が定められており、その期間はその制度ごとに異なります。

その期間を過ぎてしまうと減税制度を受けられない場合もあります。

減税制度を利用しようとお考えの方は申請する前に一度確認しておきましょう。

また、他にも利用できる減税制度は多くあります。

もしこれ以外の減税制度を活用したいという方はぜひ他の記事もご覧ください。

 

 

まとめ

 

今回は注文住宅における減税の手続きについてご紹介しました。

減税制度や補助金を受けるためには条件を調べたり、手続きが複雑だったりと、面倒なことが多いです。

また、年によって変わってくる場合もあります。

そのため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

ぜひこの記事を参考にして減税についてお考えいただけたらと思います。