ブログ

よくある窓の失敗についてご紹介
2019年9月17日
注文住宅を購入するときの流れとは?
2019年9月25日

注文住宅の後悔ポイントとは?

 

注文住宅をお考えの方はいませんか?

「人生で最大の高額な買い物だから、後悔したくないな。」

「みんなの後悔ポイントを知りたい。」

このように、注文住宅で後悔をしたくない方が多くいらっしゃると思います。

しかし、実際に住み始めるまでは、なんとも言えませんよね。

そこで今回は、注文住宅の後悔ポイントを桐生市の業者が徹底解説します!

 

後悔ポイント

 

予算内にきっちり抑える努力をすればよかった

お金に関しての後悔でいちばん多いのが、「予算内に抑える努力をもっとすればよかった」というものです。

家づくりが進んであれもこれもと考えるうちに、事前に想定していた予算よりもオーバーしてしまう人が多いです。

そのため、妥協できない箇所とそうでない箇所を明確にしておきましょう。

どうしても妥協できない箇所が多い場合は、優先順位をつけてみてもよいかもしれませんね。

 

部屋をもっと広くすればよかった

実際住んでみると、「想定していたよりも部屋が小さかった」という後悔もよくあります。

モデルハウスなどを見学して同じ広さの部屋を作ったとしても、モデルハウスには最低限の家具しか置かれていません。

そのため、実際に住み始めると部屋が小さいと感じることが多いです。

 

コンセントの数と場所を考えるべきだった

意外と気づかない箇所かもしれませんが、電気製品やモバイル機器など、コンセントが必要な機器はご家庭にたくさんあるはずです。

そのために、コンセントは想定よりも少し多めに設置しても良いかもしれませんね。

 

防音をしっかり考えればよかった

音に関する後悔も、住み始めて気づく人が多いです。

それを防ぐためにも、事前に実際に住む場所を訪問して、調べてみても良いかもしれませんね。

 

 

後悔しないためにすること

 

自分がその家に住むことをイメージして考える

たとえば、コンセントであれば、どんな電気器具を、どこで、いくつ使うのかをイメージしましょう。

さらに、新しい家で新しく買って使いたいものがあるなら、それも考慮に入れておきましょう。

単純にモノを想像するだけでなく、「誰が」「どうやって」使っているのかを具体的に想像しましょう。

 

業者のアドバイスを全部うのみにしない

たしかに業者はプロですから、基本的にはその提案内容は的確です。

しかし、それが標準的すぎたり、コストに見合った無難な提案だったりします。

業者の方のアドバイスをもとに、自分の理想とする家が実現できるかを考えることが大切です。

 

 

まとめ

 

今回は、注文住宅の後悔ポイントについて徹底解説しました。

当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。

注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。