ブログ

集成材が人気?気になるメリットとデメリットを解説
2019年8月20日
注文住宅の見積もりで予算オーバー?対処法を解説!
2019年8月28日

無垢材が人気なのはなぜ?メリットとデメリットを解説

 

注文住宅を建てる時に人気の木材が、無垢材です。

注文住宅を、無垢材で建てることを検討されている方もいらっしゃるかと思います。

では、どうして無垢材は人気があるのでしょうか?

「無垢材のメリット・デメリットって?」

「どうして無垢材は人気なの?」

この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。

無垢材のメリット・デメリットについて解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

無垢材とは?

そもそも、無垢材とはどんな材料のことを言うのでしょうか。

近年、住宅の材料に使われている木材は、主に集成材です。

集成材とは、小さく切り分けた木材を切り合わせ、接着剤で組み合わせた人工の木材を指します。

一方無垢材とは、伐採した木を乾燥させて作った天然の木材のことを指します。

無垢材には、多くのメリットがあり、その反面、デメリットもあります。

 

無垢材のメリット

温度調節機能がある

日本は、季節によって気温や湿度が大きく変わります。

高温多湿な夏や、厳しい寒さの冬でも快適に過ごすには、無垢材の家が適しています。

無垢材は、湿度の高い時は湿気を吸い取り、空気が乾燥している時には湿気を吐き出す性質を持っています。

また、熱伝導しにくいので、室内の温度変化が少なくなりますし、冷暖房効率も高まります。

 

木の質感や、経年変化を楽しめる

無垢材には、集成材にはない暖かみのある木の質感があります。

また、時間の経過とともに色合いが徐々に変化し、味わいが出てくる様子を楽しめます。

 

体に優しい

集成材は、加工する段階で接着剤を使用します。

この接着剤から有害物質が発生することがあり、シックハウス症候群と呼ばれる病気にかかってしまうことがあります。

無垢材には化学接着剤は使用されていないので、こうした心配は必要ありません。

 

 

無垢材のデメリット

加工に技術が必要

無垢材は、天然の木材をそのまま使用します。

天然の木材は、それぞれが異なる性質を持っているため、扱いが難しいのです。

無垢材を適切に扱える職人さんは少ないため、無垢材の家を建てることを考えている場合は、職人さん選びにも注意しましょう。

 

変形しやすい

無垢材は、集成材に比べて反りや割れといった、変形が起こりやすい木材です。

梅雨の湿度が高い時期には膨張し、空気が乾燥している冬には収縮します。

その際に、変形してしまうことがあるのです。

 

まとめ

今回は、無垢材のメリットとデメリットについて解説しました。

無垢材は、温度調節機能や、安全性など多くのメリットがあります。

また、扱いの難しさといったデメリットがあることも事実ですので、きちんと特徴を理解して、無垢材を使うかどうか判断してみてください。