ブログ

家族のコミュニケーションが増える注文住宅の間取りって?
2019年8月8日
縁側は付けるべき?メリットとデメリットを徹底解説!
2019年8月16日

注文住宅を買うタイミングは消費税増税前?後?

 

注文住宅の購入を検討しているけど、消費税増税の前と後、どちらの時期に購入すべきか悩んでいる方は多くいらっしゃると思います。

住宅購入にベストなタイミングは、いったいいつなのでしょうか?

「注文住宅の購入は、増税前と後のどっちがいいの?」

「消費税増税が住宅購入に与える影響を知りたい。」

この記事は、このような悩みを解決できる内容となっております。

ぜひ参考にしてみてください。

 

消費税増税が適用されるタイミングは?

住宅購入で、消費税10%が適用されるようになるタイミングを把握しておきましょう。

消費税8%で住宅を購入するには、2019年9月30日までに不動産の引き渡しを受けなければなりません。

「引き渡し」とは、不動産を持つ権利を、売る人から買う人に移すことです。

しかし、注文住宅の場合は、家が完成する時期がずれる恐れがあります。

そのため、引き渡しが10月以降になっても、工事請負契約を2019年3月31日までに完了すれば、消費税8%が適用される措置が取られます。

 

消費税増税の影響はどこに出る?

消費税増税の影響は、注文住宅の場合、「購入価格」に出てきます。

注文住宅を建てるには、「建物部分」と「土地部分」の両方の費用がかかりますが、このうち土地部分には消費税はかかりません。

例えば、3,000万円(建物代:1,500万円、土地代:1,500万円)の注文住宅を購入する場合、増税前と後でどれほど価格は変わるのか見ていきましょう。

増税前:建物価格 1,500万円×1.08=1,620万円

増税後:建物価格 1,500万円×1.10=1,650万円

このように、30万円の差が出ます。

住宅は価格が大きいため、消費税増税の影響も大きくなるのですね。

 

増税後は価格が下がる可能性もある

前述のように、住宅の価格は消費税増税の影響を大きく受けるため、増税直前期には、住宅の購入希望者が急増することが予想されています。

これは駆け込み需要と言われる現象で、2014年に消費税が5%から8%に上げられる時にも起こりました。

一般的には、駆け込み需要が終わった増税後には需要が減少し、住宅の価格は値下げされると予想されています。

2%の価格の上昇があっても、増税後の値下げが起こる時期に、住宅を買ったほうが良いという方もいます。

こうした理由から、一概に消費税があるから早めに購入するのが良いとは言えないのです。

 

まとめ

今回は、消費税増税が住宅購入に与える影響について解説しました。

住宅の購入は、消費税で上がる金額だけを考えると、増税前に行ったほうが良いでしょう。

しかし、増税後の値下がりを予想するという考え方もあります。

どちらの時期に購入するべきか、よく検討する必要があります。