ブログ

気になる平屋の注文住宅を建てる時の注意点
2019年8月4日
注文住宅を買うタイミングは消費税増税前?後?
2019年8月12日

家族のコミュニケーションが増える注文住宅の間取りって?

 

注文住宅の購入を検討されてはいませんか?

自分や家族の理想の家を実現できるのが、注文住宅です。

どうせなら、家族みんなで仲良く暮らせるような家にしたいですよね。

「家族のコミュニケーションが取りやすくなるような間取りを作りたい。」

「どんな間取りにすると、コミュニケーションが多くなるの?」

この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。

ぜひ参考にしてみてください。

 

リビングイン

「リビングイン」という間取りの形をご存じでしょうか?

リビングインとは、リビングが住宅の中心になっていて、リビングを通って各部屋に出入りをするような間取りのことを指します。

コミュニケーションを活発にするには、まずは家族で顔を合わす回数を増やす必要があります。

顔を合わす回数を増やすことで、お互いの変化にも気が付きますし、ちょっとしたことでも声がかけやすいのです。

どの部屋に行くのにも、リビングを通るリビングインの間取りでは、自然と家族が顔を合わせる機会が増えます。

家に帰ってきた子供が顔を見せる暇もなく自分の部屋に行ってしまう、といったことも避けられるのが、リビングインの間取りです。

 

オープンキッチン

キッチンの形を工夫するのも、家族のコミュニケーションを活発にするのに有効です。

キッチンとリビングの間に壁がある独立タイプよりも、キッチンに立った時にリビング全体が見えるオープンタイプにしてみてはいかがでしょうか?

特に、キッチンに立った時にテレビが見えるような間取りにするのもおすすめです。

キッチンで作業をしながらも、リビングダイニングにいる家族と一緒にテレビを見られれば、自然とコミュニケーションは活発になります。

また、オープンキッチンにすることで、複数人で作業しやすくなります。

そのため、子供と一緒に料理をする機会も増えるかもしれませんね。

 

一番条件のいい場所にリビングを配置する

家族が最もよく集まる場所と言えば、やはりリビングです。

リビングを家の中で一番居心地のいい場所にできれば、家族が集まりやすくなります。

例えば、日当たりや風通しの良い場所、遠くまで眺めることができる場所など、一番過ごしやすい空間にリビングを持ってくる間取りにしましょう。

また、ソファやこたつなど、くつろぐのに適した家具を配置するのも、家族をリビングに集めるのに有効です。

 

まとめ

今回は、家族のコミュニケーションが取りやすくなる間取りのポイントを解説しました。

リビングの位置やキッチンの形を工夫することで、自然と家族の交流が増えるようになります。

この記事を参考に、注文住宅の間取りについて考えてみてはいかがでしょうか?