ブログ

平屋の費用相場をご紹介!
2019年7月19日
気になる平屋の注文住宅を建てる時の注意点
2019年8月4日

契約までの流れを解説します!

 

注文住宅の購入を検討されてはいませんか?

ほとんどの方が注文住宅の購入は初めてで、いつ、何をしたらいいのか分からないのではないでしょうか。

その中でも特に気になるのが、注文住宅の契約までの流れですよね。

「注文住宅の購入の際に、いつ、何をしたらいいのか分からない。」

「注文住宅の契約までの流れを知りたい。」

この記事は、こうした悩みを解決できる内容となっております。

ぜひ参考にしてみてください。

 

仮契約前までの流れ

土地探し

まずは、どこに家を建てるか決めましょう。

都道府県、都会・郊外などのエリア、交通面、学校との距離など、様々な条件があるかと思います。

それぞれに優先順位をつけて、考えてみてください。

 

資金計画を建てる

大切なのが、資金計画を立てることです。

今の貯蓄額をしっかりと把握し、自己資金はどのくらい用意できるか、無理のない住宅ローンの返済金額はどの程度かを、慎重に考えていきましょう。

また、建物代と土地代だけでなく、電気・ガスなどを付ける工事代、引越し代などのお金がかかることも念頭に置いておきましょう。

 

業者探し

次に、施工業者を探します。

施工業者はハウスメーカー、工務店、設計事務所の3種類が主なものです。

それぞれ特徴がありますので、自分の建てたい家に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

 

本契約前までの流れ

打ち合わせ

打ち合わせでは、業者の方と一緒に、どのような家を建てるのかを考えます。

資金はどれくらいあるのか、間取りはどうするのか、内装の資材の種類、外装の種類の資材などを話し合います。

この時、分からないことは必ず質問して、解決するようにしましょう。

 

見積もり確認

打ち合わせで決まった内容に関して、見積もりを出してもらいます。

工事のどの部分にどれくらいのお金がかかるのかを、確認しておきましょう。

この時、複数の会社に見積もりを出してもらう「相見積もり」をしておくと、業者の費用のかかり方が明らかになるのでおすすめです。

 

本契約

見積もりに納得できれば、本契約に進みます。

本契約は最終確認とも言えます。

間取りや見積もりに異存がなければ、この通りに本契約を結びます。

この時、着工日や工事完了日をチェックしておくことで、工事が遅れるトラブルにも対処しやすいです。

 

 

まとめ

注文住宅の流れをご紹介しました。

注文住宅は仮契約と本契約に分かれており、仮契約前には土地探し、資金計画、業者探しを、本契約前には打ち合わせと見積もりを行います。

そして最後に、本契約を結びます。

ぜひこちらの注文住宅の流れを参考にして、マイホームを建てる計画を立ててみてくださいね!