ブログ

子育てに適した間取りにするためのポイントとは?
2019年7月11日
平屋の費用相場をご紹介!
2019年7月19日

注文住宅と建売住宅の違いとは?両者の比較も!

 

「新しい家が欲しいけど、注文住宅と建売住宅ではどっちがいいのかわからない」

という方も多いのではないでしょうか?

実際にそれぞれどんなメリット・デメリットがあるのかわからないですよね。

どちらかを選ぶ前にそれぞれの違いをしっかりと把握しておきましょう。

そこで今回は注文住宅と建売住宅の違いについて紹介したいと思います。

 

注文住宅と建売住宅の違い

 

注文住宅の特徴

注文住宅というのは、土地から自分で選び、デザインや設計などをハウスメーカーに依頼して一からつくるものです。

自分の好きなデザイン、間取りの家にでき、自由度が高いのが特徴です。

ゼロの状態からつくっていくので、時間と費用もその分かかってしまいますが、世界にひとつしかない自分の理想の家を建てることができます。

また、建設の過程も確認できるので、調整や手抜き工事の未然防止なども可能になります。

 

建売住宅の特徴

建売住宅というのは、あらかじめ決められた土地に建てられた新築の分譲住宅のことを指します。

土地と住宅がセットになって販売される形になります。

建売住宅の特徴としては、すでに建築された住宅を購入することになるので、間取りや外観の変更はできません。

その分、実際に建築後の状態を見ることができるので、購入前後でのギャップがほとんどありません。

また、土地と建物がセットであることに加えて、設計や間取りなどをこちらで決めることはできない分、注文住宅を購入する場合よりも費用は割安であることがほとんどです。

外観や間取りは画一的なものが多いようです。

 

両者の比較

どちらが良い悪いというのではなく、どちらを選ぶかはあくまで個人の好みによるでしょう。

自分好みの、自由度の高い個性的な家にしたければ注文住宅がおすすめですし、より低コストで購入前後でのギャップの少ない家にしたいのであれば建売住宅の方がおすすめかもしれません。

 

ただ、建売住宅の場合、会社による手抜き工事の可能性があるという危険があります。

住宅の安全性は最優先に考えられるべきであり、工事の過程を確認できるという点で注文住宅の方がより安全性は高いと言えるでしょう。

建売住宅を購入される場合には、より注意深く確認する必要があるでしょう。

 

まとめ

今回は注文住宅と建売住宅の違いについて紹介しました。

今まで知らなかった注文住宅・建売住宅の特徴もあったかもしれません。

これから新築を検討している方は、ぜひ今回紹介した両者の違いを参考にしてください。