ブログ

断熱性とおすすめの断熱材について紹介します!
2019年7月7日
注文住宅と建売住宅の違いとは?両者の比較も!
2019年7月15日

子育てに適した間取りにするためのポイントとは?

 

これから子供が大きくなるというタイミングで、注文住宅の購入を検討されている方も多いのではないでしょうか?

子供どんどん大きくなっていくと、マンションやアパートでは狭くて生活しづらくなってきてしまいます。

しかし、注文住宅を購入するとなると、間取りを考える必要がありますよね。

間取りには子育てに適した間取りがあります。

今回はそうしたお子さんをお持ちの方に、子育てに適した間取りにするためのポイントについて紹介します。

 

子育てに適した間取りにするポイント

間取りを考える際には、ただデザインなどにこだわるよりも日常の生活に即して考えることが大切です。

お子さんのいる家庭になるとそれがより一層重要になってきます。

 

効率の良い家事動線を

小さい子供がいる家庭では、子守をしながら食事の支度や洗濯、掃除をしなければいけません。

そうした場合に、複雑な動線になっており、キッチンから風呂場などへの移動が面倒になっていると大変ですよね。

そのため、間取りを考える際には子供の見守りと家事の両方を効率よくできるような間取りにすると良いでしょう。

 

子供の様子が見えるようなキッチンの配置に

多くの家ではキッチンが壁に向かって配置されているかと思います。

しかし、それでは食事をしている間に子供の様子を直接見ることができないですよね。

見てないうちに子供が間違って何かを口に入れてしまった、といったことが起こらないようにするためにも、リビングに向かってキッチンを配置しておくと便利でしょう。

食事の支度をしながら会話をして子供とのコミュニケーションをとることもできるので、家庭の雰囲気もより和やかになるでしょう。

 

階段はリビングを経由する配置に

多くの方は二階建ての住宅にするかと思います。

その際、階段を玄関付近に設置しようと考える方もいるかもしれません。

しかし、これは子供が思春期を迎えた際に家庭内のコミュニケーションを阻むきっかけになる場合があります。

思春期になると子供は帰宅後すぐに二階の部屋に入り込んで、家族とのコミュニケーションを取らなくなってしまうかもしれません。

階段を、リビングを経由する配置にしておくと、こうした状況を防ぐことができます。

リビングは家族が最も集まる場所ですよね。

自分の部屋に行くにもリビングを経由するようにしておくと、自然と顔を合わせる機会が生まれ、コミュニケーションも維持されるのです。

 

まとめ

今回は子育てに適した間取りにするポイントについて紹介しました。

どんな間取りにするかで、子供の成長にも大きく関わってくるかもしれません。

これから注文住宅の購入を検討している方は、是非今回紹介したポイントを参考にして頂けると良いかと思います。