ブログ

I型の平屋のメリット・デメリット!
2019年6月13日
注文住宅を検討中の方に!頭金はいくら必要?
2019年6月29日

年収から予算を計算!

 

「新しく注文住宅を建てたいけど、どれくらいのお金が必要になるのか分からない」

という方も多いのではないでしょうか?

住宅の購入は、人生の三大費用の一つに挙げられるように多額の費用が必要になります。

しかし、実際のところどれくらいのお金が必要で、自分の年収ではどういった住宅を建てることができるのかというのは分からないですよね。

そこで今回は、注文住宅の予算について紹介したいと思います。

 

注文住宅の予算

注文住宅の購入にかかる費用は一般的に約3000万円と言われています。

これだけ多額の費用が必要になるため、ほとんどの方が注文住宅を購入する際には住宅ローンを利用するでしょう。

一般的には、自己資金と住宅ローンによる借入額で注文住宅を購入します。

そのため、一定の自己資金を用意しておくことはもちろんですが、この住宅ローンをいくら借りるのかが、注文住宅の予算を決める上で重要な要素となります。

 

無理のない借り入れを!

住宅ローンの場合、毎月いくら返済し、何年で返済するのかで借り入れることができる額も変わってきます。

返済期間を長くし、毎月の返済額を大きくすれば借り入れることができる最大の額も大きくなります。

しかし、ただとにかく多くの額を借り入れれば良いというわけではありません。

住宅ローンは数十年にわたって毎月返済していくものですので、「借りれる」額を借りるのではなく、「無理のない」額で借りる必要があるのです。

借入額の目安としては、年間の返済額が年収の約20%以下であることが望ましいでしょう。

 

年収650万円だと予算はどれくらい?

注文住宅を建てる世帯年収の平均は650万円程度と言われています。

年収が650万円であるとすると、年間の返済額は650×0.2=130万円です。

これを12で割ると毎月10万円程度を返済していくことになります。

月10万円の返済プランであれば35年ローンで2500万円近くの融資を受けることができます。

自己資金が500万円程度あれば、合計で3000万円の資金を有することになり、ある程度理想通りの注文住宅を購入することができるでしょう。

一概には言えませんが、大まかな目安として年収の5倍の額が購入できる注文住宅の予算とも言われています。

 

まとめ

今回は注文住宅の予算について紹介しました。

予算の目安についてはあくまで概算です。

どんな住宅にするのか、どんなプランの住宅ローンを利用するのかで予算も大きく変わってきます。

今後の年収なども踏まえて無理のない資金計画を立てることが大切です。

これから注文住宅の購入を検討している方は是非今回の内容を参考にしてみてください!