ブログ

見落としがちなサイディングで素敵な外壁に!
2019年6月5日
I型の平屋のメリット・デメリット!
2019年6月13日

L字型住宅のメリット・デメリット!

 

多くの方は、マイホームの購入を検討する際に、「平屋」を検討してみてはいかがでしょうか。

実は平屋の間取りには、様々な種類が存在します。

そして、もちろん間取りによって一長一短が存在します。

そこで、今回は平屋の間取りで人気のある L字型のメリットとデメリットについてお話しいたします。

 

L字型の間取りとは

L字型の平屋は、曲がっている部分で庭を囲み、上から見るとL字に建物を配置した間取りです。

一般的な平屋は構造的にプライベートな空間を分けることが難しいです。

しかし、L字型の平屋は、縦と横のエリアで寝室のようなプライベート空間と、リビングのような人の集まる空間を区別しやすくなります。

 

 L字型の平屋のメリット

プライベート空間を確保できる!

L字型の平屋は、縦と横の空間を分けられるので、空間をセパレートしやすく、プライベートな空間と、家族が団欒(だんらん)できる空間を分けられます。

例えば、横の空間に応接室や、リビング、ダイニング、キッチンなどの「家族や人が集まりやすい場所」を設けます。

そして、縦の空間に寝室や書斎、浴室などの「プライベートな空間」を設けます。

このように、L字型の平屋は、簡単に注文住宅の醍醐味である柔軟な設計ができます。

 

視認性と外部の視線のカットが両立できる!

L字型の平屋では、外部の視線を程よく遮りながらも、中庭とリビングの距離を知覚できます。

したがって、屋外の景色を生活の中に程よく融合させられます。

桐生市の自然を感じながら、バランスよくプライバシーを確保した生活を送ってみてはいかがでしょうか。

 

中庭に開放感がある!

せっかくの注文住宅であれば、開放感のある中庭が欲しいですよね。

L字型では、他の平屋の間取りに比べて、広い中庭を設けられます。

L字の縦と横の配分を調整することで、お好みの広さの中庭を設けられ、自然を感じるマイホームを設計できます。

 

L字型のデメリット

次にL字型のデメリットを、ご紹介します。

 

費用が高くなりやすい

一般に、複雑な形の家ほど、維持コストが高くなっていきます。

特にL字型は、I字型などのシンプルな形に比べると、凹凸が多く、外壁や屋根の面積が大きくなります。

したがって、建築コストが高くなる傾向があります。

また、一般的に外気の影響を受けやすいので、光熱費や数年に一度の補修の費用も高くなるので注意する必要があります。

 

まとめ

今回は、L字型の平屋についてお伝えいたしました。

L字型は、メリットを活かした設計が容易です。

しかしながら、形が複雑になり、費用が高くなります。

費用は少し高くなるが、妥協したくない方にオススメできる平屋です。

この記事を見て、L字型の平屋が気になった方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?