ブログ

気になるけれど人には聞けない!注文住宅の相場って?
2019年5月17日
絶対失敗したくない!注文住宅の間取り
2019年5月25日

本当に2階建てにする?平屋のメリットを解説!

 

「やっぱり平屋住宅に憧れる。」

「平屋住宅にはどんないいところがあるのか知りたい。」

そのように考えることはありませんか?

現在は2階建ての家が主流ですが、平屋住宅にも根強い人気があります。

注文住宅を検討するとき、どちらを選ぶべきなのでしょうか。

そこで今回は、平屋建てのメリット・デメリットについて解説します。

 

平屋建てのメリット

 

移動が楽になる

2階建ての場合、毎日階段を使うことになります。

若いうちは問題ないかもしれませんが、体力を気にする方や介護をしている方にとっては、階段はあまり使いたくないですよね。

平屋建てにすることで、このような心配から解放されます。

子育て中であっても、将来部屋が余ってもったいない、ということにはなりません。

普段、家事をしている方にとってもメリットがあります。

洗濯物のために2階へ行き、料理のために1階へ戻り、掃除のためにまた2階へ行き…。

これが毎日となると重労働ですよね。

しかし、平屋建て家屋なら家事を楽にしてくれます。

 

災害に強い

平屋建ての特徴として、地震に強いことも挙げられます。

建物の重心が低くなるので、強靭な構造になるでしょう。

非難するときも安全かつ早く動けるので、地震が多い日本には合理的です。

 

ランニングコストが安い

2階建ての場合、階ごとに空調を設置しなければなりません。

その分電気代もかかり、故障した時には修理代が必要です。

平屋建てだと、窓を開けるだけで家全体に空気が循環します。

天井を高くできるので解放感も得られ、天窓を付ければ一石二鳥です。

 

平屋建てのデメリット

ここまで平屋建てのメリットについて紹介してきましたが、デメリットについても触れておきます。

 

盗難のされやすさ

1階だけの構造は、2階建ての家に比べて侵入が比較的簡単です。

さらに、広い間口や数の多い窓が1階だけに集中するので、防犯対策に力を入れたいところでしょう。

窓の配置を変えたり、外から入りにくい窓を使用したりといった工夫が必要です。

 

日当たりが悪くなる

都市近郊に家を建てようと考えている場合、周りが2階建てだと日当たりが悪くなることもあります。

高さが低い分、周囲からどう見えるのかについても考えないといけません。

 

まとめ

今回は平屋建てのメリット・デメリットについて解説しました。

デメリットにフォーカスすると、平屋建ては避けたいと考えるかもしれません。

しかし、将来のことを考えると2階建ては本当に必要なのか?と疑問に思いませんか。

家族構成が多様化しているので、注文住宅も様々なプランで比較してみましょう。

その際、選択肢の一つとして平屋も検討してみてはいかがでしょうか!