ブログ

子育て向け注文住宅の間取りポイント!
2019年5月13日
本当に2階建てにする?平屋のメリットを解説!
2019年5月21日

気になるけれど人には聞けない!注文住宅の相場って?

 

「注文住宅って結局いくらが相場なの?」

「予算別に建てられる家のイメージを知りたい。」

そのようなことを考えていませんか?

希望のデザイン通りに家を建てられるのが、注文住宅のメリットです。

注文住宅の予算を考えるときに、金額に応じてどれくらいの家を建てられるのか気になりますよね。

今回は注文住宅の相場と価格帯別の特徴について解説します。

 

建築費の予算平均は?

住宅金融支援機構の統計データによると、建築費の平均は3308.2万円との報告があります(土地の購入費を除く)。

地域によって金額は異なりますが、およそこれくらいの費用がかかることがわかります。

また、ハウスメーカーによって値段が変わることもあります。

大手のメーカーだと仲介手数料が発生しますが、地元の工務店だとかからない場合も多いです。

 

予算によってどんな家が建てられるの?

 

1000万円台

予算を限りなく低くすれば、1000万円台で家を購入できます。

外装、内装ともに最低限の機能を備えた、シンプルな家が多くなります。

見た目は少し淡泊ですが、気にしない人にとってはむしろメリットになるでしょう。

内装に関しても、家具や照明次第で一気に雰囲気を変えられます。

駅から少し離れている土地を選ぶことや、水回りの費用を抑えることで、全体の予算を抑えることが可能です。

 

2000万円台

予算配分を工夫すれば、2000万円台で理想に近い家を建照られるでしょう。

一つのものにこだわる代わりに他の予算を抑えると、コスパも良くなります。

1000万円台よりも予算に融通が利くので、心にも余裕が出てくると思います。

 

3000万円台

全国の平均的な相場が3000万円台と言われています。

予算が3000万円台の場合、プランに不満が出ることはほとんどないでしょう。

そのうえ、最新グレードの設備や、豊富な機能を備えた多家電製品を購入することもできます。

部屋の数を増やす、好きな間取りにカスタマイズする、といったこともできるので、子育て中の方にはこのあたりの予算がおすすめです。

理想の家を目指したいなら、予算は3000万円以上が良いでしょう。

 

まとめ

今回は注文住宅の相場と価格帯別の特徴について解説しました。

お金をかければいくらでもグレードは上がりますが、その分コストがかかります。

さらに、建築費とは別に20%のお金が必要になる、とも言われています。

これは登記や地鎮祭の費用などがかさむからでしょう。

決まった予算の中で、どこが本当に必要なのか見分けることが、注文住宅のコツです。

家族構成やライフスタイルに合わせて、賢く家を買いましょう!