ブログ

なんで無垢材がおすすめなの?
2019年5月9日
気になるけれど人には聞けない!注文住宅の相場って?
2019年5月17日

子育て向け注文住宅の間取りポイント!

 

「子どもが生まれたし、そろそろ注文住宅を考えている。」

「子どもが快適に暮らせる注文住宅の間取りって?」

そのようなことを考えている人はいませんか?

家族形態の変化によって、適した間取りも変わってきます。

お子さんと過ごすのですから、子育てしやすい空間にしたいですよね。

今回は、子育てしやすい注文住宅の間取りのポイントについて解説します。

 

リビング階段

リビング階段とは、階段をリビングの中、もしくは奥に設ける間取りのことです。

これにより、出先から帰って2階に上がろうとするときは必ずリビングを通ります。

歳を重ねるにつれてお子さんとの会話が減ってしまうのが心配な方も多いはずです。

しかし、リビング階段があることで自然に顔を合わせることが可能です。

思春期を迎えるころは、お互い、プライバシーの面で問題が生じるかもしれません。

しかし、注文住宅なら配慮した間取りづくりを一から設計できるので安心です。

 

スタディフロア

スタディフロアとは、リビングから目の届く場所に設けられた、親子共有のデスクのことです。

小学生のお子さんかいる家庭にとって、スタディフロアは大きな役目を果たします。

 

宿題の進度を見ることができる

親御さんにとって、お子さんが宿題をきちんとできているか気になりますよね。

閉めきった空間で一人勉強をするよりも、両親の目が届くところで宿題をするほうが、お子さんにとっても集中できます。

分からないところはすぐに質問できるので、親子間のコミュニケーションを図ることもできます。

 

子どもの知的好奇心を刺激できる

スタディフロアは、親御さんも使えます。

両親が仕事をしている姿は、お子さんにとって新鮮で興味深いものです。

「何やっているの?」と聞かれることもあるでしょう。

お子さんが知らない世界を教えてあげられる機会になるかもしれません。

 

リビング付近に多めの収納スペース

リビングの近くに多めの収納スペースを設けることも、一つの手です。

小学校に入ると、習い事を始めるお子さんも多いと思います。

子どもは家に帰ってきたとき、どうしてもリビングに荷物を散らかしがちです。

リビングの近くに収納スペースがあることで、手間を増やさずにすみます。

さらに、きちんと守らせることはお子さんの自立心成長に繋がります。

 

まとめ

今回は子育て向け注文住宅の間取りのポイントについて解説しました。

お子さんの成長段階に合わせて間取りを変えるのは難しいと思うかもしれませんが、注文住宅なら個別に意見を汲み取ってくれます。

家族にとって憩いの場となるためには、間取りづくりがとても大事です。

「そろそろ家を…」と考えている方は、一度注文住宅で間取りを検討してみてはいかがでしょうか?