ブログ

知らないと損!?坪単価を解説!!
2019年5月8日
子育て向け注文住宅の間取りポイント!
2019年5月13日

なんで無垢材がおすすめなの?

 

「注文住宅を建てるときは、無垢材を使用したい。」

「無垢材で作ろうか迷っているので、メリットを知りたい。」

そのようなことを考えている人はいませんか?

無垢材は天然の木を使っているので、体によさそうなイメージがあります。

もし子育てをされているなら、お子様のためにも素材にはこだわりたいですよね。

今回は、注文住宅で無垢材を使用するメリットについて解説します。

 

無垢材とは

そもそも無垢材とは何のことを言うのでしょうか?

簡潔にまとめると「一本の丸太から必要な分を直接カットし、そのまま使用する素材」のことです。

天然の状態のまま使うので品質はばらばらですが、一つ一つの木目が個性的でおもしろいのも無垢材の特徴と言えます。

そのため、無垢材は他の素材と比べて値段が少し高くなります。

しかし、得られるメリットは値段以上に大きいでしょう。

 

湿度・温度を調節してくれる

ご存知でしょうか。

天然の木は、切り取られた後もずっと呼吸を続けています。

無垢材には、湿度が高いと水分を吸収し、湿度が低いと水分を放出するという機能を持ち合わせています。

この性質により、いつでも室内が過ごしやすい環境を整えてくれます。

 

化学物質が少ない

無垢材を使用した注文住宅は、化学物質をあまり使いません。

集成材で建てられた家には、木材同士をつなぐために接着剤を利用します。

その成分の中に、シックハウス症候群の原因物質が含まれています。

発がん性があり、アレルギー症状を引き起こすこともあるかもしれません。

近年は影響が少なくなるように工夫されていますが、不使用に越したことはないでしょう。

 

無垢材の注意点

ここまで、注文住宅には無垢材をおすすめしてきました。

しかし、無垢材にも注意点があります。

 

反り、割れが起こる

先ほど、木は呼吸していると述べました。

木には適切な含水率というものがあります。

乾燥が不十分だと、無垢材が反る、割れる、隙間が生じる、といった事態が起こります。

しかし、最近は無垢材を乾燥させてから使用していることもあります。

手入れに手間がかかりますが、その分愛着がわくでしょう。

 

まとめ

今回は注文住宅で無垢材を使用するメリットについて解説しました。

無垢材の注文住宅を建てた場合、多少コストや手間がかかります。

しかし、大切な家族と人生のひと時を過ごすのが「家」というものです。

無垢材は、そんな家づくりの強い味方です。

家族のために、快適で健やかなマイホーム生活を手に入れましょう!