ブログ

注文住宅の打ち合わせで失敗しないためには?
2019年5月7日
なんで無垢材がおすすめなの?
2019年5月9日

知らないと損!?坪単価を解説!!

 

「坪単価って注文住宅を検討するときに重要なの?」

そのようなことを考えている人はいませんか。

「坪単価」という単語は普段聞き慣れないですよね。

でも、注文住宅の家を建てたいと思っているならば、坪単価の知識は知っておくべきです。

今回は、坪単価の本当の意味と注文住宅費用の考え方について解説します。

 

坪単価とは?

坪単価とは、1坪あたりの建設費のこと。

計算方法は

「坪単価=家の本体価格÷延床面積」で表すことができる。

例えば、本体価格2100万円の家で30坪の延床面積の家を建てる場合、

坪単価は2100万円÷30坪=70万円となります。

坪単価が低ければ、お得に家を建てられそうに思うでしょう。

しかし、実際はそう簡単ではありません。

 

メーカーによって変わる計算方法

坪単価の計算方法は、ハウスメーカーによって違います。

計算方法が異なると、同じ本体価格でも坪単価に差が出ます。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

 

「延床面積」と「施工面積」

坪単価に差が出る原因には、この単語の意味を理解する必要があります。

延床面積には、クローゼット、押し入れが含まれます。

玄関ポーチ・吹き抜け・ベランダなどは対象外です。

一方、施工面積はこれらの面積も含んでいます。

上述した計算式に延床面積ではなく施工面積を入れて計算するとします。

施工面積は延床面積よりも数が大きくなるので、坪単価も安くなるでしょう。

メーカーによっては、施工面積で計算するところがあります。

これが、同じ本体価格でも坪単価に差が出る原因です。

 

仕様、グレードで変化する坪単価

各メーカーによって、水回りの設備、エアコン、キッチンなどの工事費のほかに、外装、内装、人件費などの諸費用を本体価格に含んでいるか異なります。

もしこれらを含んでいなかった場合、坪単価は安くなります。

しかし、実際に購入するとなると建築費用は膨れ上がっていきます。

坪単価の安さに飛びついてはいけません。

安く見せようとするハウスメーカーが存在するからです。

諸費用が含まれているかどうか、ハウスメーカーに確認しましょう。

 

まとめ

今回は坪単価の本当の意味と注文住宅費用の考え方について解説しました。

注文住宅を購入する際は、本体価格の他に税金や付帯工事費が別途必要になります。

それらを含めると、トータルで支払う金額が大きくなるということを念頭に入れておきましょう。

どこにお金をかけるのかは施主次第です。

充実させたい場所のグレードを上げ、他は抑える。

考え方によっては、お得に快適な家を建てられます。

賢く買い物をするために、今一度坪単価について考えてみてはいかがでしょうか。