ブログ

L字型平屋住宅のメリットとデメリット
2019年4月29日
知らないと損!?坪単価を解説!!
2019年5月8日

注文住宅の打ち合わせで失敗しないためには?

 

「注文住宅を考えているけど、打ち合わせで失敗したらどうしよう。」

「注文住宅の打ち合わせを入念に行ったけど、住んでみたらちょっと違う…」

そのようなことを不安に思う人はいませんか。

今回は注文住宅の打ち合わせでの注意事項、失敗しないためのポイントについて解説します。

 

注文住宅の失敗例

家づくりでは失敗しがちなポイントが多く、イメージとのギャップに戸惑う人も多いようです。

ここでは、失敗の事例を少し紹介します。

 

窓の失敗

間取りの失敗の中でも多いのが窓です。

注文住宅は窓で決まるともいわれています。

「窓の位置が悪く、空調の効率が悪い。」

「窓を付け忘れたので換気ができない。」

「窓の配置に失敗して、匂いが家にこもってしまう。」

などの声があります。

 

収納の失敗

収納スペースが多いと、見た目もすっきりするので魅力的ですよね。

しかし、収納にこだわりすぎるせいで後悔することもあります。

「収納が多いせいで家具を置けない。」

「クローゼットが狭くて荷物が入りきらない。」

などの声があります。

 

広さの失敗

広さの問題は、実際に住んでみないと分からないことも多くあります。

「駐車場が狭く、玄関まで通りにくい。」

「リビングを広くするために玄関を小さくしたけど、荷物が収まらない。」

などの声があります。

 

打ち合わせで失敗しないためには

注文住宅での失敗例は他にもたくさんあります。

近隣の騒音、照明の明るさ、日照の加減、家具同士の距離など、数え出したらきりがありません。

では、注文住宅の打ち合わせでミスマッチを減らすには、どうすればいいのでしょうか。

 

時間をかける

双方が集中して話し合えるように、打ち合わせは複数回に分けることをおすすめします。

一日で済ませようとすると、適当に決めてしまう部分がでてきます。

完成後に修正を求めた場合、追加料金を請求されるかもしれません。

そうならないために、話し合いで決定したことも時間をあけて再考してみてください。

 

プランを他社と比較する

施工業者には、会社ごとに強みがあります。

自身のこだわりと強みをマッチングさせることで、理想的な家づくりが可能です。

打ち合わせが始まったら、まずは特化しているポイントを聞き出してみましょう。

最初から一つの業者に絞ろうとせず、比較検討してみることが大切です。

 

設計士とイメージを共有する

「話し合いで納得できたのに、完成したら全然違う…」

このような思いをしないために、必ず双方でイメージを共有してください。

分かりにくければ絵を描いてもらったり、写真を見せてもらったりしましょう。

 

まとめ

今回は注文住宅の打ち合わせでの注意事項、失敗しないためのポイントについて解説しました。

注文住宅は、人生で一度あるかないかの買い物です。

細部までしっかりと打ち合わせをして、施工に移ってもらいましょう。

注文住宅はリスクもありますが、打ち合わせ次第で希望に沿ったオリジナルの家が作れます。

紹介したポイントを抑えながら、楽しい家づくりにしましょう!