ブログ

無垢のお家は暖かい!その理由とは?
2019年4月21日
L字型平屋住宅のメリットとデメリット
2019年4月29日

家族のコミュニケーションを増やす間取り♪

 

家族みんなそろって過ごす場所で、最も長い時間を過ごす場所は紛れもなく家です。

そのため、家族が顔を合わせることができる空間を大切にした家の間取りを考えることはとても重要です。

家族間のコミュニケーションが取れないと、夫婦間で溝が生まれたり、子供が引きこもりになってしまうといった問題が起こってしまう可能性があります。

そこで今回は、家族間のコミュニケーションを取りやすい間取りのポイントをご紹介します。

 

リビングの間取り次第で会話が弾む

家族間の会話が弾む秘訣は、リビングの間取りにあります。

 

最も良い環境はリビングに

リビングはそもそも家の中の共同スペースです。

そのため、リビングを最も良い環境にすることで、家族みんながより集まりやすいスペースにすることができます。

最も良い環境の条件としては、例えば大きなテレビがある、大きなソファがありくつろげる、日当たりが良い、窓から見える景色が良い、開放感があるといったものが挙げられます。

リビングの環境を良くすることで家族が自然と集まり、会話が生まれます。

 

リビングイン階段にする

リビングイン階段とは、その名の通りリビングに階段を設置することです。

リビングに階段を作ると、自室に戻る際や出かける時、お風呂に入る時など、何かする際は必ずリビングを通らなくなければならなくなります。

そうすると、必然的に家族同士が出会う回数が増えるため、コミュニケーションが生まれやすくなります。

 

吹き抜けを作る

吹き抜けとは1階と2階を分ける天井をなくし、2階が見えるようにした構造のことです。

天井が高くなるため開放感が得られる他に、お互いの様子を音で感じることができ、つながりを感じられます。

また、1階にいながら2階にいる子どもたちに声をかけることもできます。

 

キッチンの間取りで会話が弾む

リビングの他にもキッチンの間取りで会話を増やすことができます。

 

オープンキッチンで顔が見える

オープンキッチンとは、壁で囲われていないキッチンのことです。

キッチンが独立していると一人で料理をするだけになってしまいますが、オープンキッチンだとリビングやダイニングが見えるため家族とコミュニケーションが取れます。

子どもにちょっとしたお手伝いを頼むのも簡単ですね。

 

ダイニングが近くにある

キッチンの近くにダイニングを設置し、子どもをダイニングの机で勉強してもらうようにすれば、子どもとコミュニケーションの場を設けることができます。

子どもが幼い時には効果的です。

他にも、ダイニングが近いことで家族に料理のお手伝いを頼みやすくなり、そこで会話が生まれたりもします。

 

まとめ

家族間のコミュニケーションが取りやすい間取りの工夫についてご紹介しました。

リビングとキッチンに工夫を加えることが、家族の会話を増やす主なポイントです。

この記事を参考にしていただけたら幸いです( *´艸`)