ブログ

縁側のメリットと注意点
2019年4月9日
和モダンな家を建てたいなら木の家で決まり!
2019年4月17日

注文住宅で考えるべきこだわりポイント!

 

注文住宅というシステムがあります。
住宅の間取りなどに、自分の希望を活かして作ってもらうことです。
これから将来何十年も住み続ける家となるのですから、自分好みの家になると嬉しいですよね。
そこで今回は、注文住宅でこだわることができるポイントを、過去の事例と共にご紹介します。

 

間取りでこだわり

家全体にこだわりのデザインを配置するために、間取りをこだわると効果的です。

 

和室を作る

「洋風な見た目にしたいけど、和室が欲しい」
そういった希望を叶えるために、家に和室を取り入れる方も多いです。
和室として独立させずとも、畳が敷いてあるスペースを設ける方もいらっしゃいます。

リビングに階段を作る

リビングに2階へと繋がる階段を設置するこだわりも多く見られます。
理由としては、家族とのコミュニケーションが増えるためです。
子どもは成長していくと、すぐに自室に戻りがちで、自然と家族の会話の数も減ってしまいます。
リビングに階段を設置すると必ずリビングを通るようになるため、コミュニケーションの回数を増やすことができます。

 

キッチンでこだわり

良いキッチンだと、毎日の料理が楽しくなりますよね。
そのためキッチンをこだわる方は多いです。

対面式キッチンの導入

オープンキッチンやアイランドキッチンなど、対面式のキッチンを設置するこだわりがあります。
家族の顔が見えるため、料理中でも家族とコミュニケーションが取りやすく、子どもにお手伝いを任せることも簡単になります。

身長に合わせたキッチン収納

キッチンには食器や調理器具の収納スペースが設けられていますが、高い位置にありすぎて奥まで手が届かない、なんてことも起こります。
そのため、キッチンの使い勝手にこだわる人は多いです。

 

収納でこだわり

あらゆる人の悩みである家の収納スペースの確保。
不便が無いよう、あらかじめ収納にこだわる方もいらっしゃいます。

 

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは多くの人が持つこだわりの1つです。
クローゼットに、自分が歩いて入れるほどの空間を持たせることで、クローゼットの中で着替えることができ、服の整理や把握もしやすくなります。
リビングなど、よく利用する部屋の近くに設置すると、着替える時には便利になります。

 

シューズクローク

シューズクロークとは、靴を履いたまま入ることができる収納スペースのことを指します。
玄関の扉を空けると、すぐ横に人が入れる小さな空間があり、そこに靴や傘、ベビーカーなどをしまうというわけです。
一般的な、玄関に入ってすぐ廊下に繋がるタイプだと、土足スペースに靴が散乱しがちになってしまいます。
そこで、玄関の収納のこだわりとしてシューズクロークを設けているのです。

 

まとめ

注文住宅の際に考えることができる、こだわりのポイントをいくつかご紹介しました。
何かしらのこだわりがある方は、これから長く住むことになる自宅で不便がないように、注文住宅を建てるのがおすすめです。