ブログ

外壁の素材はどうしよう?サイディングの特徴!
2019年3月21日
打ち合わせの流れや期間ってどれくらい?
2019年3月29日

外壁の色の選び方!

 

注文住宅を建てようとされている方の中には、外壁の色でお悩みの方も少なくないと思います。

これから暮らす自分の家です。

目にするたびに愛着の湧く外観にしたいですよね。

しかし、色というのは多種多様な種類が存在するため、何か一つを決めるのは大変ですよね。

そこで今回は、注文住宅における外壁の色を選ぶ方法についてご紹介します。

 

蛍光灯だけでなく、太陽光でも確認する

どのような色があるか知るために、工事を依頼する会社やインターネット上で見る時、その時の色は蛍光灯の光の下で見ていますよね。

蛍光灯だけではなく、太陽光の下でも確認するようにしましょう。

蛍光灯と太陽光では、光の明るさや色が違いますよね。

そのような違いを意識してみることで、実際にその色を塗った時に近い色を確認することができます。

また、時間帯や色を変えてみましょう。

外壁を見るときは明るい時に限りません。

夕暮れや夜になったら、この色はどう見えるのかを確認してみてください。

 

大きい見本で確認する

色には面積効果というものが存在します。

これは小さい見本で見た色を大きい見本で確認してみると、明るい色はより明るく見え、暗い色はより暗く見えるという効果です。

そのため、気になる色があれば大きい見本で確認してみましょう。

A4サイズであればご家庭でも確認できますよね。

どのくらい変わるかを実際に体験してみてください。

 

玄関やサッシ、付帯部の色を考慮する

家の外観にある色は外壁だけではありません。

屋根は勿論、玄関やサッシ、付帯部にも色があります。

それらを考慮せずに色を選んでしまうと、家の外観からまとまらない印象を受けるでしょう。

付帯部などをまとめるか、引き立たせるかを意識して色を選ぶと、バランスの良い外観にできます。

外観には他の箇所の色も含まれることを覚えておいてください。

 

近隣の家における外壁の色を確認する

自分達の主観だけでなく、周囲の家の色も確認してみましょう。

目立たない色を選んでも、周囲の家の色味と異なるため逆に目立ってしまう可能性があるのです。

また、色は他の色の影響を受ける特徴があります。

外壁に選んだ色が周りの家の外壁と並ぶことで、見本で見たときとは異なる印象を受けることもあるのです。

家を建てる予定の所に足を運んで、周囲の色を確認してみることをオススメします。

 

まとめ

今回は注文住宅における外壁の色を選ぶ方法についてご紹介しました。

ご紹介した4つの条件を全て満たしている色は限られたのではないでしょうか。

後はご家族と相談して、理想の家を建てましょう!