ブログ

リビングはスッキリさせよう!オススメの収納!
2019年3月17日
外壁の色の選び方!
2019年3月25日

外壁の素材はどうしよう?サイディングの特徴!

 

注文住宅では家の中の間取りだけではなく、外壁の素材や色を決めることができます。

「自分の好みで決められるのは嬉しいけど、種類が多すぎて…」

このような思いを抱えている方もいらっしゃいますよね。

今回はそのような方の支えとなれるよう、外壁材の1つであるサイディングの特徴をご紹介します。

 

□サイディングについて

サイディングとは、家の外壁に貼る板状の仕上げ材を指します。

小さな板が多数組み合わさって一枚の壁となっているのはオシャレですよね。

サイディングには見た目だけでなく、外壁としての機能性にも優れています。

耐水性や耐火性、耐候性などを考えられた素材を使用したサイディングが多数存在しているのです。

色や柄にも様々な種類があるため、和風、洋風と言った家の雰囲気にも問題なく合わせることができます。

外壁材選びに並んだらサイディングを基準にしてみてください。

 

サイディングの種類

サイディングには以下の4つの種類があるのです。

それぞれを簡単に説明します。

 

窯業系サイディング

セメントと木質製の繊維が混合されているサイディングです。

耐震性や耐火性に優れているといった特徴があります。

 

金属系サイディング

スチール板やアルミ板などを表面にし、その後ろに断熱材を入れているサイディングです。

丈夫で軽いため建物への負担を小さくすることができます。

このような理由から、耐久性や耐熱性、耐震性に優れているといった特徴があるのです。

 

木質系サイディング

天然の木材を使用したサイディングです。

木の雰囲気を活かしているためデザイン性に優れていますが、耐火性が低い特徴があります。

 

樹脂系サイディング

塩化ビニル樹脂を使用したサイディングです。

弾力があり、耐久性や耐候性に優れているため、メンテナンスの頻度も少なくすることができます。

 

サイディングを導入する際の注意点

サイディングを外壁に導入される際には、そのサイディングの耐久年数を確認しておきましょう。

一般的に10年前後が張替えの目安です。

10年経って見た目は大丈夫でも軽く見ただけではわからないところが劣化し、外壁の状態を悪くしてしまうこともあります。

サイディングを導入したら10年を目処に、専門家にサイディングと外壁の状態を確認してもらってください。

 

まとめ

今回は外壁材の1つであるサイディングについてご紹介しました。

外壁材には見た目だけでなく、機能性も確認してみましょう。

あなたにあった外壁材を選んで理想の生活を始めませんか?