ブログ

注文住宅完成後にかかる費用って?しっかり確認!
2019年3月13日
外壁の素材はどうしよう?サイディングの特徴!
2019年3月21日

リビングはスッキリさせよう!オススメの収納!

 

多くの方がリビングにおける収納機能に悩まれています。

家族が集うリビングに収納機能を設けることで、生活を始めてから発生する問題を少なくできるかもしれません。

そこで今回は、リビングに設置するのにオススメな収納機能をご紹介します。

この記事を参考に、リビングの間取りを見直してみませんか。

 

リビングが片付かない原因

まずは、リビングに収納機能を設ける理由をお伝えします。

それはリビングには物が溜まりやすいからです。

小さいお子様が入ればおもちゃや文房具、学校からのプリントやチラシなど、「ちょっと置いておこう」という気持ちで物を置いてしまい、それがどんどん増えていってしまうことがあります。

「広いからちょっとした小物なら大丈夫じゃない?」

確かに家族が集う場所であるリビングは、家の中でも部屋面積を一番広くされるでしょう。

しかし、小物が多いと行動できる範囲が狭まるため、その部屋が狭く感じられるのです。

「机には既に小物が置いてあるから別の机に置こう」や「ちょっとした作業したいけど何か置いてあるから別の部屋に行こう」など、物があるだけで行動可能な選択肢が減ります。

物を片付ける習慣を身につけることも必要ですが、小物などはついつい置いてしまいますよね。

急な来客が来ても片付けられるリビングにするためにも、収納機能の設置を検討してみましょう。

 

壁面収納とカウンター収納

リビングに収納機能を設置される場合、壁面収納やカウンター収納を検討されてみてはいかがでしょうか。

壁面収納の場合は奥行きが浅い棚などを設置してみてください。

そこに市販のかごなどを設けるなどして活用してみましょう。

カゴごとに収納する対象を分けるだけでも、リビングを整理できますよ。

カウンター収納の場合は、作業しやすいカウンターを設置してみてください。

学校からのプリントを一時的に置いておいたり、家計簿を付けたりするような場所にしてみましょう。

一時的にコートといった上着をかけられるようにハンガーラックを設けるのも良いかも知れませんね。

片付けるだけでなく、散らかっていないようにするだけでも見栄えは変わります。

ちょっとした工夫で家族がついつい集うリビングを維持できるようにしませんか。

 

まとめ

今回はリビングに設置するのにオススメな収納機能をご紹介しました。

棚があるだけでも収納に関する問題は大きく変わります。

家族設計を踏まえて実際の生活を想像し、リビングにおける収納機能を考えてみませんか?