ブログ

見積もりが予算オーバー!どうしよう?
2019年2月17日
必見!失敗しないキッチンのレイアウト選び!
2019年2月21日

見積書の見方がわからない!確認するべき点って?

分厚い見積書を貰ったけど、何を見ればいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

何を確認するべきかもわからないですよね。

そこで今回は、見積書に記載されている内容と確認すべきポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

見積書を確認するべき理由

見積書には家を建てるための全ての情報が記載されています。

見積書を読むだけでどのようなお家が建つかというかが分かります。

そのため、例えば見積書の内容が希望に沿っていないのにも関わらず確認せずに契約してしまい、家が建った後に文句を言っても意味がありません。

工務店には全く非はないのです。

見積書を確認することで、そのようなトラブルを防ぐことができます。

さらに、工務店の中には利益のために高い材料をわざと使用する工務店もあります。

見積書を確認することで、そのような工務店に材料の変更を申し出ることもできます。

見積書の正しい見方を知ることで、コストダウンできるところをコストダウンし、こだわりたいところはとことんこだわることができます。

一生に一度の大きな買い物を後悔しないためにも見積書を確認するべきです。

 

見積書に記載されている内容

見積書にはおおよその値段や予算の内訳が書いてあるだけではありません。

その他にも、工事の内容や工期、施工会社といった施工内容が書いてあります。

さらに、使用する材料のメーカーや品番、形状、数量なども記載されています。

 

見積書の確認すべきポイント

まず、見積書の情報量が多いので全ての情報が網羅されているとは限りません。

必ず漏れや抜けがないか確認することを忘れないで下さい。

必要な工事や設備が含まれているか、また要望に沿った工事内容かどうかに注目するといいでしょう。

次に、「○○一式」、「標準仕様」などといった表記には注意しなければなりません。

可能な限り詳細に記載してもらうようにしましょう。

メーカー名や品番を詳しく記載してもらえれば、カタログや実物を見て商品を確認することができます。

その上で、「こっちがいい」といった要望や「これはどういうこと」といった不明点について話し合うことができます。

 

まとめ

今回は、見積書に記載されている内容と確認すべきポイントをご紹介いたしました。

後悔のないお家作りのために見積書の確認が大事だということはお分かりになれたのではないでしょうか。

ここでご紹介したことをぜひ参考にして見積書をチェックしてみてください!