ブログ

注文住宅の打ち合わせで失敗しないコツ!
2019年2月13日
見積もりが予算オーバー!どうしよう?
2019年2月17日

消費税増税の影響ってあるの?

 

皆さんは、消費税増税が注文住宅の購入においてどのような影響を及ぼすのかご存知ですか?

少子高齢化により現役世代が一気に減っていく中で、高齢者は増えていくため、社会保障の安定のために2019年10月に増税がされます。

そのため、国民の負担も増えていくわけですが、もちろん注文住宅の購入においてもその影響があります。

そこで今回は、増税が注文住宅の購入に及ぼす影響についてご紹介していきます。

 

消費税10%が適用されるタイミングとは

*2019年10月以降の引渡し

2019年10月以降に引渡しが完了した場合は10%で適用されます。

8%で購入したい場合はそれまでに引渡しを完了する必要があります。

そのため、しっかりとスケジュールを立てて逆算しながら家づくりを進めていくようにしましょう。

 

*2019年4月以降に工事請負契約

2019年4月以降に工事請負契約をした場合は10%が適用されます。

それまでに契約が完了していれば、引渡しが10月以降になっても8%で適用されます。

消費税8%で購入したい場合は契約を2019年3月31日までに済ますようにましょう。

 

増税が価格に与える影響

土地代については消費税がかかってくることはありませんが、建物代には消費税がかかってきます。

建物代は大体数千万円台の価格ですので、消費税が2%増えるだけで数十万円分負担が増えてしまいます。

色々な場所に海外旅行に行くことができたり、中古車が買えたりするような金額です。

この差を大きいと感じるか小さいと感じるかは人それぞれですが、やはり痛い出費であると言えるでしょう。

また、建物代だけでなく購入の際に契約する住宅ローンの申込手数料にも消費税がかかってくるため注意しましょう。

もちろん新しい生活を始めるために不可欠な家具や家電、食器、カーテン、などのものや引っ越し費用にも消費税がかかるので、つもりつもると大きな金額になってしまいます。

 

まとめ

今回は増税が注文住宅の購入に及ぼす影響についてご紹介してきました。

建物代だけでなく、生活に必要な家電や手数料、引っ越し費用にも消費税がかかってきます。

やはり増税による影響は大きいものですので、なんとか増税前に購入しておきたいですね。

そのためには、しっかりとスケジュールを立てて、家づくりを進めていく必要があります。

注文住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。