ブログ

あけましておめでとうございます!
2019年1月7日
注文住宅の図面の見方について徹底解説します!
2019年2月4日

注文住宅をする際のおすすめの断熱材について

 

皆さんは断熱材についてどれくらいご存知ですか?

注文住宅では断熱材も自分たちで選ぶことができますが、どうせなら冬は暖かく夏は涼しい家になるような断熱材を選びたいですよね。

そこで今回は、おすすめの断熱材をいくつかご紹介していきます。

現在注文住宅について検討している方や、断熱材について知りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□繊維系断熱材

繊維系断熱材とは、細かい繊維が絡まりあってできた断熱材で、繊維が抱え込んだ空気によって断熱の効果が得られます。

 

*グラスウール

日本の木造住宅で最も多く使われているのが、ガラス繊維が原料のグラスウールです。

メリットとしては耐火性が高いことや価格面でリーズナブルな点が挙げられます。

デメリットは湿気に弱いということです。

 

*セルロースファイバー

セルロースファイバーはアメリカで最も多く使われている断熱材で、天然繊維でできています。

断熱機能が高いだけでなく、地球にも優しく、防火性能や防音性能も高い断熱材です。

音楽の趣味があり部屋でギターなどの楽器を弾きたい方やペットの鳴き声が気になる方にはおすすめです。

また、子どもがいて近所に声が漏れないか気にしている方にとっても魅力的です。

環境について気にされる方や、防音に関して敏感な方は要チェックです。

デメリットは価格が高めということですが、その分、より良い機能があります。

 

□発泡プラスチック系断熱材

発泡プラスチック系断熱材は、プラスチック樹脂に発泡剤を加えて作られる断熱材です。

発泡剤に作られる気泡によって高い断熱性が発揮されるだけでなく、軽量であることも特徴です。

 

*硬質ウレタンフォーム

硬質ウレタンフォームはポリウレタン樹脂を発泡させてできた断熱材で、高い断熱性があり、湿気にも強いというメリットがあります。

デメリットとしては価格が高いことと、耐火性能が低いことが挙げられます。

 

*フェノールフォーム

フェノールフォームはフェノール樹脂を発泡させてできた断熱材で、非常に高い断熱性を持ち、劣化するスピードが遅いことがメリットです。

デメリットとしては価格が高いことと、衝撃に弱いことが挙げられます。

 

□まとめ

今回は、冬は暖かく夏は涼しい家にするための断熱材についてご紹介してきました。

様々な種類の断熱材があるため、自分の予算や生活スタイルに合わせた断熱材を選ぶことが重要です。

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。