ブログ

墨付け・刻み作業
2017年4月7日
明日は新築住宅見学会!
2017年4月14日

本日の現場報告(下地・パテ処理)

こんにちは、モックの家の落合です。
今日は新築現場は、下地処理のパテを塗っていました。


内装工事では、壁紙などを張る前にパテ処理を行います。傷が付いているところ、凸凹になっているところをパテで塗っていきます。

壁が凸凹になっていたり、穴があいていたり隙間があるときれいに張る事が出来ません。

そのために、パテを塗って隙間や穴を埋める下地材です。

(パテは硬いペースト状の充填材で、炭酸カルシウムや石膏の粉末や樹脂を混ぜたものです)

ボードを留めているビス周りやボードの継ぎ目など、細かい所までしっかりチェックしながら作業を進めていきます。
ボードビスは深く入りすぎても問題があります。
ビスが深すぎると、ボードの留まっている部分が薄くなり、耐力上に問題が生じてしまうそうです。

様々な過程を経てやっと次はクロス張りです。
クロスが張られると雰囲気ががらりと変わるので、とってもたのしみです!(^<^)